インプラントに保険が使えないのはどうして?

インプラントの手術は基本的に保険が適用されないものになっています。しかし通常の歯科治療であれば出来るのに対してどうして同じ歯科治療のインプラント手術だけが除外されているのかということで不思議に感じる人も多いです。

ではどうしてインプラントは保険適用外になるのかというと、これは「現状出来る別の保険治療で十分対処できるケースが多いから」というのが理由になります。

基本的にこの手術は喪失した歯の代わりにするわけですが、喪失した歯の代わりに人工の歯を取り付けるという治療は既に存在しています。


それがブリッジや入れ歯なのですが、最終的な美観ということであればインプラントの方が優れているとはいえ機能的には双方ほとんど同じであると言えます。

そうした事情があるため、この手術は保険適用外になってしまっているのです。ただしこれは「インプラントでなくては治療が出来ない」と言えるような場合には別の話になります。

NAVERまとめの欲しい情報が手に入りました。

具体的には「病気や事故で大きくあごの骨を失ってしまった」、「先天性疾患によってあごの骨が失われている」などの場合にはこの治療でしか回復が出来ないと診断されることになるため保険適用になります。



ただ現実的に考えてこうしたケースに当てはまるのは極めて珍しいケースであると言えますし、そういったケースに合致している場合であっても国に認定された一部の医療機関でしか保険が適用されないという問題もあります。

そのため一部例外はあるものの、やはり現状では保険適用外になるとして考えて良いでしょう。

評価の高い渋谷のインプラントに関する情報をまとめました。